1.遺言書を書いた方がいい人

遺言書は次のような悩みがある人は書いておくべきです。


1. 事業を子どもの一人に承継させたい

2. 相続人同士で争わないようにしたい

3. 自分で作った財産を自分の意志で分配したい
   (障害を持った子供に厚く分配するなど)

4. 生前の相続税対策を円滑に継続してほしい

5. 子供や両親がいないため妻に全財産を相続させたい
   (遺言がなければ兄弟も相続人となる)

6. 相続人以外の人にも財産をあげたい
   ①愛人 ②内縁の妻 ③認知していない非嫡出子
   ④介護などの世話をしてくれた人
   ⑤障害を持っている相続人でない兄弟姉妹 ⑥子供の嫁

7. 相続人がいないため縁故者や世話になった友人に相続させたい
   (遺言がなければ国庫に帰属するため)

8. 福祉や社会貢献活動に財産を寄付したい

9. 特定の相続人に財産をあげたくない

10. 再婚をし、先妻の子と後妻がいる場合
   (先妻の子と後妻との間では、遺産争いが起こる確率も高いため)


←コンテンツトップへ < < < < < < < <10 <11 <12 次へ→



▼ 個人情報の取扱いについて   ▼ サイトマップ   ▼ TOPページへ